今日は、現役セラピストさん対象の「はっぴーケア教室」でした。
お題は「東洋医学スペシャル」。

鍼灸師&あんまマッサージ指圧師の、福原真一郎先生が講師の教室です♪

 

会場は、なかもずの「サロン とろり」さんをお借りして。

受講者さんは、ベテランセラピストのお二人。

「サロン とろり」のRINA先生と、同じくなかもずの

プライベートサロン Le pont de ciel (ル・ポン・ド・シエル)」の池辺先生。

 

今回は「五行論を施術に活かすヒント」を中心に。

これが分かってくると、クライアントさんの体質や性格などの傾向もだんだん分かってきますし、更には不調に対して東洋医学的な観点から、クライアントさんにアプローチやアドバイスが出来るようにもなっていけます。

 

五行論では必ず出て来る「相生・相克」についての理解が深まれば、クライアントさんの体調・不調の「傾向と対策」が立てられるようになってきて、めっちゃ楽しいです♪

 

RINA先生が「『相克』って、そういう風に使えるんですねぇ!」と感動の声をあげてはったのが印象的でした。

(^_^)v

 

池辺先生はエステセラピストさんで、中でもフェイシャルが大の得意との事。

五行を、観相学の視点から観る方法に特に興味を持たれてる様子でした。

 

しかし、東洋医学は奥が深い……あっと言う間に2時間が過ぎまして。

 

立ち上がってからも話は尽きません( ´_ゝ`)


 

「次もやります?」

「日程決めときましょうか!」

 

で、次回10月に開催の運びとなりました。

 

左から…池辺先生・講師の福原先生・RINA先生 (*´ω`*)

 

次は経絡がメインになる予定。

今からワクワクです。

 

皆さま、お疲れ様でした!!

8月16日。

京都は、五山送り火でしたね。

 

京都LOVEの相方は、ローカル局のテレビ中継でしっかり鑑賞。

 

そしてふと思い出したように喋り始めます

 

京区にあるほうの大文字が『』大文字って、なんか不思議やな……」

 

地図で見ると、左に『右』京区で右に『左』京区。

これは、御所の中から正門の方向=南を向いた時の右を右京、左を左京としたから、とかいう話があるんですよね。

それはそれで納得してるんですが、そうすると確かに左大文字の不思議が残ります。

……「京の町から北山のほうを臨むと左にあるから」とかいう説もあるようですが。

 

伝統行事に謎はつきもの、かもしれません( ´_ゝ`)